魅力たっぷり!フレアスカートの良いところ

スカートはタイト派?フレア派?それぞれの特徴を比較!

タイトの場合

女性のおしゃれの一環として「スカートをはくこと」が一般化しています。けれど、体型や髪形によって、似合うスカートの形が決まってくることがあります。タイトなスカートの場合は、とくに細身で高身長な女性がピッタリでしょう。はやり体のラインができるのでスタイルに自信がある人に向いているといえます。

フレアの場合

フレアなスカートの場合、タイトスカートとは違って体型を隠すことができます。そのため、太ももが太いことにコンプレックスがあっても、それを感じさせないので誰でも穿きやすく着こなしやすいでしょう。また、丈が長めなのがうれしいところです!自分に合ったものを選べば体型をカバーできるのです。

魅力たっぷり!フレアスカートの良いところ

ファッション

フレアスカートの魅力

フレアスカートの魅力はたっぷりとしたギャザーにあると言えます。ふんわりとした空気感を醸し出すフレアを作るギャザーは生地の分量や厚さの違いによってボリュームが大きく変わります。これによって季節感を演出することや、着用する女性の表情を大きく変えることができることも魅力といえるでしょう。また、丈の長さの違いで、スポーティー・ドレッシー・カジュアルなどさまざまな印象を作れる点もポイントです。

選ぶときのポイント

自分に似合うフレアスカートを探す時は、ボリュームと丈に着目しましょう。万人に似合いやすい丈は「ミモレ丈」と呼ばれるひざ下~ふくらはぎ位までの長さです。ギャザーのボリュームがたっぷりしたものよりも、ボリュームが少ないものを選ぶと手持ちの衣服と合わせやすくなります。春~初夏はチュールスカートなど軽さが伝わる素材を選び、秋~冬は重めで落ち感が分かる素材を選ぶとよいでしょう。

似合う服を探すためのレッスン

自分に似合うフレアスカートを探す場合、試着を重ねることが一番です。「フレアは太って見える」などネガティブなイメージが先行している方でも、身長と体型に似合うバランスのスカートを見つけることで、これまでのファッション観が大きく覆ります。スカートが決まったら、トップス・カットソーのボリュームもおのずと決まってくるので、更に似合うファッションが成立していきます。

広告募集中